動かなくなったサッシ窓

サッシ窓の修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

サッシ窓の修理-便利屋奈良

この度は、動かなくなった窓の修理をしてほしいというお話をいただきました。

現場を確認させていただきますと、サッシ窓の戸車が劣化し、サッシが落ち込んでレールと接触してしまっているという状態でした。

劣化した戸車を取り外し、交換用の戸車を設置していきます。

基本的に部品交換をさせていただく場合は、純正の部品を準備させていただくのですが、この度は大変古い型番のサッシでして、メーカーに問い合わせた結果、対応不可の返答がかえって来てしまいました。

ですので、今回は凡庸のサッシ交換用戸車で対応させていただきました。

サッシ交換用戸車 サッシの戸車交換

こちらのサッシ用戸車は、固定用のネジと高さ調節用のネジがそれぞれタイヤの左右に付いているタイプです。

戸車をサッシ下框の溝に入れ込み、固定用ネジを回して固定していきます。

戸車はサッシ窓の左右2箇所に入るのですが、この2つの戸車の高さを調節して、窓の建て付けを調節いたします。

この度の窓は、建物の歪みに合わせて窓枠に歪みが出ておりましたので、この2つの戸車を調節して建て付けを合わせます。

動かないサッシ窓の修理

最後にサッシ窓4つの動作確認をいたしまして、作業完了です。

引き戸の戸車の劣化は、建具の修理のご相談の中でも多い案件の一つです。

引き戸戸車の動作不良は、多くの場合徐々に症状が出てきますので、「引き戸がちょっと重くなったかな」という感じでなかなか気付きにくい場合もございます。

しかし、劣化した戸車をそのままにしておきますと、敷居やレールに干渉してしまい、やがては敷居木部やレールの損傷に繋がってきます。

木部やレールが損傷いたしますと、レールの交換や取り付けが必要になったりと、余計な修理が増えてしまいます。

ですので、建具の不調を感じられましたら早目に対応されることが、引き戸やドアを長持ちさせる事に繋がり、修理もより軽度で済ませられると思われます。

玄関室内問わず、ドア、引き戸、折れ戸、窓等、建具の修理のご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事