開かないドア

レバーハンドル ラッチ交換

ドア修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

ラッチ故障

この度はドアが開かないというお話でして、現場を拝見させていただきますと、ラッチボルトと呼ばれる先端爪部分がレバーを回しても引っ込まないという状況でした。

ドアを開けるために金切り鋸でラッチボルトを切断していきます。

ラッチ爪切断 ドア-修理-便利屋-奈良

切断したラッチボルトを確認してみますと、先端爪を支える支柱が、根元の部分で折れてしまっておりました。

推測するに、開閉時の強い衝撃が重なって先端爪根元に荷重がかかり、結果金属疲労が起こり支柱が折れたのではないかと思われます。

ラッチボックス交換 レバーハンドル交換

復帰作業。

新しいラッチケースを取り付けて、ドアハンドルを取り付け直していきます。

レバーハンドル動作確認

最後に動作確認をいたしまして作業完了です。

一口にドアの修理と言っても、実に様々な状況がございます。

大きく分けると、丁番や戸車といった可動金物の故障と、構造の歪みによる建て付け不良の2つに分けられます。

前者は金物の調整や交換によって解決いたしますが、後者は建具本体や建具枠の加工が必要になります。

この度は前者の金物の交換に分類されますが、破損状況は稀なケースです。

お陰様で多くの建具修理のご依頼をいただいておりますが、便利屋としてその一つ一つに最善を尽くせるよう、切磋琢磨していけたらと思います。

この度はありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事