リフォーム 床張り

フローリング施工

奈良市大宮にてリフォームのご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

この度は、絨毯のお部屋にフローリングを張らせていただきました。

フローリングを張る下地を入れる

まず、下地になる枠を作っていきます。

床下がコンクリートなので、張った床が浮かないように、要所要所をL字金具でビス留めしていきます。

フローリングを張るための捨て貼り 捨て貼りの合板カット

下地枠が出来上がったら、上から捨て貼りのコンパネを貼っていきます。

フローリングを張るための捨て貼り完了

コンパネが一通り貼り終わると、お部屋感が増します。^^

次はいよいよフロアーを張っていくのですが、
いざ張ろうと思い、金槌を探しますと・・

いくら探しても見つかりません。

思い当たる所があり、捨て貼りのコンパネをもう一度はがすと、その下から探していた金槌が出てきました。^^;

こんな事もあります。

気を引き締めて次の作業にかかります。

ボンドを付けてフローリングを張っていく

床材をフロアー釘で留めます。

材の裏に満遍無く接着剤を塗り、隙間があき過ぎないようにバランスを見ながら張っていきます。

床が貼り終わったら、巾木を回していきます。

巾木の留め加工 巾木入り角

角の留め加工です。

こちらは出角。

出角の角をペーパーで均す 巾木出角

角は痛くないように、ペーパーで削ります。

フローリング床張り-便利屋奈良

木くずを綺麗に掃除して、作業完了です。

今回はお施主様のご意向で、無垢杉材の巾木を使わせていただきました。

杉の無垢材柄の床とも相性が良く、また、黒っぽい色がアクセントになり、空間が締まるように感じました。

内装、リフォームのご相談いただいております。

お見積りは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

 〇関連のある記事