介護用手すりの取り付け工事(廊下)

大和郡山市にて、手すりの取り付け作業をさせていただきました。

ありがとうございました。

ビフォアー&アフターです。

廊下へ介護用手すりを取り付ける 廊下への手すり取り付け-便利屋-大和郡山

長い廊下への手すり取り付けです。

壁下地の状況を確認して、取り付け方法を決めていきます。

今回手すりを取り付ける壁下地は、石こうボードでしたので、補強板を設置してから、手すり本体を取り付けさせていただきました。

確実に壁下地材の位置で補強板を固定する事によって、その上に固定する手すりの強度を高めます。

手すり補強板のエンドキャップ 手すり補強板の取り付け

手すり補強板の端は、エンドキャップを取り付けることで、仕上がりをすっきりさせます。

手すりブラケットをビスで取り付ける

インパクトドライバーを使い、手すり金物を補強板にビス留めしていきます。

手すり金物は傷付きやすいので、インパクトドライバービットの先端などでこすらないよう注意します。

介護用手すりの高さの目安は、要介護者の方が普段の姿勢で立った時の、腰骨の位置とされております。

高すぎても力が入りませんし、低すぎると歩きにくくなってしまいます。

事前にしっかりと本人様の使いやすい位置を確認し、施工に入ります。

介護用品の取り付けを行うときは、特に強度を重視いたします。

万が一でも外れることがないように、念には念を入れしっかりと施工させていただきます。

施工後は掃除跡かたずけをして作業完了です。

曲がり階段、廊下、玄関、トイレ、お風呂場など、様々な場所への手すり取り付けに対応いたしております。

転ばぬ先の杖、「ここにちょっと掴まる場所があれば‥」という時などは、お気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

 〇関連のある記事