ドアクローザーオイル漏れ

玄関ドアクローザーの交換

ドアクローザー交換のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

ドアクローザー-修理-便利屋-奈良

現場を拝見させていただきますと、ドアクローザー内部のオイルが漏れだして、抵抗が正常にかからない状態でした。

ドアクローザーのオイル漏れは、交換するしか手段がりません。

メーカー品番を控えさせていただいて、交換させていただきました。

新しドアクローザーへ交換 オイル漏れドアクローザーの本体取り付け

先ずは漏れたオイルで汚れているドア表面を綺麗にして、ドアクローザー本体からドアに取り付けていきます。

アームを取り付ける

次にドア枠側にブラケットを取り付けます。

ドアクローザーのブラケットは、ドア框の形により様々な種類があるので、注意しなければいけません。

ドアメーカーによっては、ドアの品番ごとに特注のドアクローザーブラケットを作らせているところもあり、その場合は、受注生産の品になりますので、価格も高価で、部品入荷にも時間をいただく事になります。

ビスを締める オイル漏れドアクローザー交換作業

本体とブラケットを取り付けたら、アームを連結します。

アームのネジ部分でアーム長さを調節して、ドア枠と平行になるように調節します。

オイル漏れドアクローザー交換後

今回はストッパー付きのドアクローザーですので、ストップ位置を決めてストップボルトを固定します。

動作確認後、開閉スピード調整をいたしまして、作業完了です。

ドアの不調の修理のご依頼をいただく事がありますが、ドアクローザーの調整だけで直るケースもあります。

建具はとても繊細な機構ですので、ちょっとのことで動作不良を起こすこともございます。

それは逆に言えば、少しの調整で修理出来る可能性もあるという事になります。

多くの場合は現場の状況を確認させていただきましてからの、診断、お見積りとなります。

診断お見積りは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

⇒ 建具の修理について