アンティーク窓のリメイク

古い建具の再利用

アンティークの建具を使っての、窓のリメイク工事です。
ありがとうございます。

こちらのトイレにはサッシの窓が付いていますが、写真の下側にある
古い建具を使って、窓をリメイクしていきます。
remake-window 6

まずは、建具の入る窓枠を作ります。

remake-window 8 remake-window 7
建具の寸法と戸首に合わせて、窓枠を加工、組立てしていきます。

remake-window 9
出来上がった窓枠をサッシの手前にはめ込み、固定します。

後は建具の微調整をし、はめ込むだけです。

remake-window 10
建具に錠のための穴が開いていますね。

今回は引き違いではなく、建具を一列に並べて嵌めごろしにするので、
穴が目立たないように埋めます。
remake-window remake-window 1
カギ穴の寸法より少し大き目に作った角棒を、鉋を使って丸く落としてゆきます。

remake-window 2 remake-window 3
丸棒の先をハンマーでころし、穴に入れ、ノミとサンドペーパーで仕上げます。
remake-window 4 remake-window 5
建具にガラスを入れて、完了です。

サッシの無機質な感じがなくなり、時を重ねた木の質感が、
空間に奥行を与えているように感じました。

アンティークの建具や窓のサイズ変更、リメイクなど
お気軽にご相談ください。

この度はありがとうございました。m(_ _)m

 ○関連のある記事