ウッドデッキの修理

ウッドデッキ床板の交換

ウッドデッキの床の木材が痛んでいるので、部分的に張り替えてほしいという御依頼をいただきました。

ありがとうございました。

ウッドデッキを作ってから、もう10年ぐらい経つというお話で、木材の痛みもだいぶ進んでいるようです。

傷んだウッドデッキ床

使えそうなところはそのままにして、途中から切断して張り替えてほしいということでしたので、取り換える部分の板を先に外していきます。

傷んだ床板をはがす

ジョイント部分をきれいに切断するために、丸ノコを使うのですが、ビスが入っていると丸ノコを使う事ができません。

ですので、先にビスを抜いていくのですが、10年も経つとビスもすんなりとは抜けてくれず、この取り外し作業に一番時間を取られました。
ウッドデッキ根太の補強

新しく床を張るにあたり、大引きに2×4材を抱き合わせて補強します。

新しい床板と張り替え

塗装はご自分でなさるということでしたので、今回の仕事はここまでです。

継ぎ接ぎですが、なにかモダンな感じもいたします。^^

見ようによってはアーティスティックかもしれませんね。

こちらは手すりです。
傷んだ手すり ウッドデッキ補修-便利屋奈良

やはり軒の下よりも、雨にさらされる場所の方がより痛みが激しいようです。

内外に限らず、木製品は定期的に塗装しなおすことで、だいぶ持ちが違ってきます。

塗装することにより表面に保護膜が張られ、水や虫の侵入を防いでくれます。

こちらのウッドデッキも、作ってから数回塗装し直しておられるようです。

物を長持ちさせたいという思いは皆さん一緒です。

私も便利屋として、お客様の思いを少しでも手助けできたらと思います。

この度はありがとうございました。

 〇関連のある記事