目隠し竹フェンスの設置

竹垣フェンスの設置のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

この度は、お隣の増築に伴い、今まで見えなかった敷地内が見えるようになってしまったので、目隠しの竹フェンスを取り付けたいというお話をいただき、奈良市学園大和町の方へお伺いさせていただきました。

ビフォアー&アフターです。

目隠し竹フェンスの設置前 目隠し竹フェンスの設置後

庭の裏側から 目隠し竹フェンスの設置完了

こちらは、竹フェンス取り付け前と後の外側の道路から。

取り付け前、倉庫脇からお庭部分が見えてしまっております。

このフェンス裏部分に、目隠し竹フェンスを3枚連ねて設置していきます。

目隠し竹フェンスの足を取り付ける 3枚の目隠し竹フェンス設置のための補強板

先ずは付属の足を取り付けて、倉庫となりから設置していきます。

高さ180cmの竹フェンス3枚ですので、自立させるためには補強が必要です。

フェンス背面は倉庫裏面と揃え、4mの横桟を補強として連結固定します。

3枚の目隠し竹フェンスをジョイントする 目隠し竹フェンスをコンクリートに固定

2枚目以降も、補強の横桟に裏側からビスで固定していきます。

足元は、コンクリート床部分にコンクリートビスで固定します。

目隠し竹フェンスを焼き杭で固定する

これだけでは弱いので、最後の端に焼き杭を斜めに打ち込み、同じく固定します。

植木の根を傷つけないように配慮し、焼き杭を打ち込む場所を決めます。

目隠し竹フェンスの傘を取り付ける 目隠し竹フェンスの傘を固定

フェンス本体部分を固定し終わって、最後に傘を取り付けます。

隣り合うフェンス同士も、それぞれ縦框をビスで固定して、作業完了です。

目隠し竹フェンスの設置-奈良便利屋

立派な梅の木が植わる和風のお庭に、竹垣フェンスが良く映えますね。^^

近頃は洋風のお庭も増えましたが、繊細な竹の作り物は、やはり金属のフェンスには無い味わいを感じます。

フェンス設置、製作のご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は、便利屋助作のご利用ありがとうございました。