キウイの竹棚の修理

竹で出来た果樹棚の修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

壊れた果樹棚 劣化した竹が折れている

お子様のいらっしゃるご家庭の、裏庭にあるキウイの果樹棚です。

果樹棚の下は、遊ぶのにちょうどよい広場になっておりますが、劣化した竹がいつ落ちてくるとも知れず、危ないという事で、この度ご相談をいただく事となりました。

状況は写真で見える通り、竹が朽ちて半分落ちかかっております。

古い果樹棚を解体する 紐を切る

早速、竹で出来た棚部分を解体していきます。

竹の各交差点を固定しているシュロ縄を、カッターで切断して、竹を取り外します。

果樹棚の枠

土台となる大枠を残して竹を全て撤去し終わったら、足元を掃除し、新しい竹を組んでいきます。

果樹棚にキウイのツタを這わせる

先に長手の竹から大枠に固定して、その上に短手を乗せます。

竹を組むとき、残っているキウイの蔓を、無理の無いよう這わせながら進んでいきます。

シュロ縄で竹を組む 竹の果樹棚の修理後

各交差点を棕櫚縄で固定するときは、男結びという結び方を使います。

男結びは、庭仕事で良く使用される結び方で、最後までテンションを緩めることなく結ぶことが出来ます。

結び方は少し複雑ですが、覚えてしまえばそんなに難しくありません。

しかし、隙間なくしっかりと結べるようになるまでは、それなりの場数が必要で、コツをつかむまでに少し時間がかかると思います。

植物を育てる事やガーデニングが趣味の方は、身につけておいて損のない結び方です。

棕櫚縄で男結び

結び終わった棕櫚縄の端を、同じ長さに切りそろえると、仕上がりが綺麗に見えます。

竹の果樹棚の修理-便利屋奈良

最後に竹の端を綺麗に揃えて、果樹棚の修理完了です。

今回の修理作業のために、少しキウイの蔓を切らせていただきましたが、幹は太くしっかりしておりましたので、また来年には元気に蔓を伸ばしてくれる事でしょう。^^

竹垣や筧、竹棚など、竹製品の修理補修のご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は、便利屋助作のご利用ありがとうございました。

 〇関連のある記事