キャットドアの修理

キャットドアの修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

噛まれたキャットドアの枠 猫に噛まれてボロボロになったキャットドア

現場の状況ですが、いつも出入りする猫ちゃんが、キャットドアの周りの枠を噛んでしまい、縁がボロボロになっております。

お施主様も、ご自身で枠周りにプラスチックの板を貼って補強されたようですが、結局剥されてしまったというお話でした。

アルミアングルをカットする

今回はアルミ製のL字アングルを使用して、修理していきます。

先ずはディスクグラインダーでアルミアングルをカット。

アルミアングルを取り付ける キャットドア修理-便利屋奈良

下枠は、左右のドア縁下部に切れ込みを入れて、猫の歯や爪の引っかかる隙間を作らないようにします。

アルミアングルに下穴を開ける

アルミアングルを寸法どうりにカット出来たら、ドリルで下穴を開けて、長めのビスで留めていきます。

キャットドアのドア枠修理

今回は、マグネット式のキャットドアのマグネット部分が、取り付けたアルミアングルに干渉してしまったので、マグネット部の再加工が必要でした。

縁をアルミアングルで固定し、マグネット加工後にキャットドアの動作確認をいたしまして、作業完了です。

木製のキャットドアにシルバーのアルミ縁が付き、見た目にも強固になったように感じます。^^

住宅の中のちょっとした修理や補修、どこに頼んだらよいか分からないという事がございましたら、ぜひ一度便利屋助作へお問い合わせください。

イレギュラーな案件も、技術と応用力で対応いたします。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。