バルコニーの耐震補強

2Fベランダの柱補強

バルコニーの補強のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

この度は奈良市三碓にて、耐震災害対策で、2階から突き出したアルミ製のバルコニーの補強工事をさせていただきました。

バルコニー

バルコニーの先側は、しっかりとしたコンクリートブロックの土台の上に載っておりますので、住宅壁側のバルコニー大引きの下に補強の柱を入れていきます。

下げ振り 下げ振り-奈良-便利屋

先ずは下げ振りで垂直の位置出しをし、基礎石を入れる場所を決めます。

コンクリート-斫り-奈良 水平器

犬走りをハンマードリルで斫り、基礎石を入れてレベルを合わせます。

コンクリート-基礎 基礎-セメント

コンクリートを入れて良く突き、水が溜まらないように、勾配を付けて鏝で押さえていきます。

水が引いて仕上げの鏝で押さえて、1日目は終了です。

ホゾ-面取り-便利屋-奈良 柱を入れる

バルコニーの下に3寸角の大引にホゾを入れて、柱を立てます。

ホゾはあまり固くしないようにして、入りやすいように先は面を落としておきます。

Lアングル ボルト-下穴

バルコニーと補強の大引きをL金具で固定して、筋交いを入れるための下穴をドリルで開けます。

ホゾ 筋交い-便利屋-奈良

筋交いにもホゾを入れて、ボルトで固定します。

ホゾを入れる事によって、建物の揺れや振動によるズレを防止し、より強固にします。

ベランダ-補強-便利屋-奈良 基礎石

最後にビスやボルトを増し締めし、ゆるみが無いか確かめて、施工完了です。

住宅内外の耐震災害補強のご相談いただいております。

転ばぬ先の杖、いざという時の備えで少しでも安心していただけましたら、私も幸いです。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。