花壇にセメントを敷く

お庭のコンクリート打設工事

竹の蔓延る花壇をコンクリートで埋めて欲しいというご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

便利屋-奈良

土の露出した幅40cm程の部分に、びっしりと竹が伸びております。

先ずは竹の除草から始めます。

竹除草生駒にて 竹の除草

竹や笹は一度蔓延ってしまうと、地下茎が土の下に縦横無尽に張り巡らされてしまい、全て抜き取るのは容易ではありません。

この度は幸いにも、ブロックで囲まれた花壇の柔らかい土のおかげで、地下茎を効率よく除去する事が出来ました。

竹は「水食い」と言われるほどに水を必要とするので、性質上そんなに深くまでは根を下ろしません。

その代わり効率よく水を得るために、横方向に根を張る力は物凄いものがあります。

基本的にすべての地下茎は繋がっているので、根を引っ張ると芋づる式に付いてきます。

転圧

除草を終えたら、土を均し転圧します。

転圧機械が入らないので、昔ながらの方法で満遍なく転圧していきます。

メッシュを敷く 鉄筋切り

砕石を入れて再び転圧、鉄筋のメッシュを中空に敷きます。

これでコンクリート打設の下準備完了です。

生コン車 奈良お庭のコンクリート打設

ここからは時間との勝負です。^^

助っ人を呼びまして2名での作業、生コンを運び入れ、良く叩き、均し、鏝で押さえていきます。

奈良の庭をコンクリート打設

仕上げ鏝で押さえ、水が引いたころにもう一度押さえまして、作業終了です。

庭コンクリート打設生駒にて

コンクリートは、打設後の雨で強度が増すとされています。

今回は、打設当日はしっかりと晴れて翌日は雨という、良いタイミングで施工できました。

コンクリート打設、外構、フェンス取り付けやウッドデッキ等、ご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

この度はありがとうございました。