家具の巾木修理

奈良市朱雀にて、玄関靴棚の巾木の修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

家具の場合の巾木とは、タンスや台所シンクなど、主に箱ものの家具本体の下、
床のすぐ上にある、細長い木の枠のことです。

これがある事により、家具本体底上げの役目をはたし、床からの湿気を防ぐと同時に、
水平レベル調整のためのアジャスター取り付けることができます。

repair furniture 5

加重が足から巾木の中サンに集中して加わり、結果中サンが外れて
家具の底板を押し上げてしまっております。

repair furniture 9 repair furniture 1

取れかかっている巾木中サンを外し、足を固定している
鬼目ナットを外します。

repair furniture 0

家具本体の加重が中サンだけではなく、巾木の長手の前後の板
にもかかるように、加工していきます。

repair furniture 2 repair furniture 11

化粧面まで切れてしまっては見栄えわるいので、
5mmほど残してしゃくります。

便利屋-奈良-修理 repair furniture 4

巾木底に渡す板の分だけ、元の中サンの高さを落とし、
ボンドとビスで固定していきます。

repair furniture 6 repair furniture 8

最後に元の位置に足がくるように、鬼目ナットを
配置し、足を取り付けます。

便利屋-生駒-家具-修理

家具や建具の修理のご相談いただいております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

 〇関連のある記事