錆びた浴室ドアハンドル

浴室レバーハンドル交換

レーバーハンドルの取り外し、交換のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

浴室レバーハンドル交換

錆びてしまった浴室のドアハンドルを、お施主様自身で交換されようとしたようですが、錆びが内部まで進行しており、どうしても外すことが出来ないという事で、生駒市にてこの度のご相談をいただきました。

現場を拝見させていただきますと、錆びにより、レバーハンドルの支柱がラッチケースにささったままくっついてしまっているという状態でした。

グラインダーで切断 切断したハンドル支柱

ディスクグラインダーを使って支柱を切断し、内部に残った鉄塊を取り出してラッチケースを引き出します。

やすり掛け

交換するハンドルは、GOAL の LTU-4NAY というタイプですが、新旧で仕様変更があったようで、新しいラッチケースが入るようにドア框の開口を拡げます。

ディスクグラインダーで左右にスリッドを入れた後、ペンチで金属疲労を使い面をもぎ取り、やすりでバリを取って仕上げます。

アルミは柔らかく加工しやすいので、ちょっと寸法が合わない場合など助かります。^^

ラッチケースセット 浴室-ドアノブ-交換-生駒

新しいラッチケースを取り付けて、カバーを留め、ハンドルを取り付けていきます。

レバーハンドル-交換-便利屋-奈良

最後に動作確認、錠の閉まりをお施主様にご確認いただきまして、作業終了です。

浴室は湿度の高い場所ですので、ドアノブやハンドルが錆びて動かなくなってしまうケースがよくございます。

浴室は人の出入りできる開口部が1箇所の場合が多いので、タイミングわるく閉じ込められてしまう事もあります。

対策といたしましては、錆を発生させないように換気や除湿をこまめにされるか、少しでもドアの異常を感じたら、すぐに専門家に相談されることをお勧めいたします。

ドアの修理、ドア金物の交換など、建具全般のトラブルのご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事