襖建て付け修理

引き戸の修理

奈良市神殿町にて、襖の建て付け修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

襖の出る杭を打つ

襖や他の引き戸の建て付け修理は、上縁を鉋で削り合わせていく作業なのですが、襖は、四方の縁を釘で框に打ち付けてある構造なので、このままでは釘が鉋に当たり、作業できません。

ですから、先にポンチで釘を少し沈めておきます。

襖の建て付け修理-便利屋奈良 襖の定規縁をカット

襖の上縁を鉋で削り合わせ、鴨居に当たらないように、定規縁を鋸で切ります。

襖建て付け修理 修理後木地が見えたところを黒で塗装

定規縁を切り合わせることで、木部が見えてきてしまいますので、目立たないようにタッチアップペンで塗装します。

襖建て付け修理後の動作確認

最後にお施主様に動作確認をしていただきまして、作業終了です。

住宅も年数を経ますと、湿気、乾燥、鴨居の下がり等から、建具の建て付けが悪くなってくる事があります。

やはり建具も、使用頻度の高いところから傷んでくるものですが、使用頻度が高いからこそ、その場所のストレスが解消されましたら、日々の生活の快適さが変わってくると思います。

建て付け修理、丁番・ドアノブ・各種金物交換、建具の製作も行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事