閉まらない玄関ドアの修理

玄関ドア修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

閉まらない玄関ドア

大きな木製の玄関ドア。

長年の住宅の歪みからくる、ドア枠の変形に伴い、ドア先端部分が引っ掛かってしまう事によって、玄関ドアが重く閉まりにくくなっております。

この度はお年を召した施主様からのご相談で、力もなくなってきたので、玄関ドアをもっとスムーズにしてほしいというお話をいただき、奈良市富雄の方へお伺いさせていただきました。

ドアクローザーを外す 玄関ドア丁番を外す

今回は、ドアがドア枠を完全に押してしまっておりましたので、調整では修理不可能です。

幸い木製の玄関ドアでしたので、ドアを切り詰めて対応させていただきました。

先ずはドアクローザーを外し、蝶番を取り外してドアを下ろします。

玄関ドアの切り詰め加工

切り詰め加工。

定規をあてがい、玄関ドアの吊元部分を切り詰めます。

ドア枠吊元側も、直線ではなく微妙に曲がついておりますので、慎重に曲がりを読みながら切り詰めます。

蝶番掘り込み作業 蝶番掘り込み加工

玄関ドア全体の切り詰めに合わせて、丁番掘り込みを深く掘り直します。

トリマーを使って深さを一定にし、鑿で仕上げていきます。

ドアを吊り直す 玄関ドア修理

ドアを吊り直して、ドアの調子を見ます。

今回は一発では決まらず、再びドアを取り外して加工、まだ少しドアが大きいようです。^^;

ストライクラッチ受けの調整 ラッチ受けを取り付け直す

何度かドアの調整をした後、ドアを吊り直し、次にストライク(ラッチ受け)を調整していきます。

玄関ドアの反りや垂れに合わせて、きちんと噛み合うようにストライクの位置をずらします。

先のビス穴を埋めることによって、元の同じ位置にストライクが呼ばれることを防ぎます。

玄関ドア切り詰め加工後の塗装 塗装後

切り詰め後の塗装。

同系色のオイルステインで、切り詰め加工後の木肌を塗装します。

締まらない玄関ドア修理後の動作確認 鍵の動作確認

ドアクローザーを取り付け直し、最後に動作確認をいたしまして、玄関ドア修理完了です。

木製ドアは、温度や湿気によって動くことがありますが、修理がききます。

重くなった建具や、ドアの引っ掛かりなど、不具合を感じたらあきらめずに、まずはご連絡ください。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は、便利屋助作のご利用ありがとうございました。