木製フェンスに出入口ドアを作る

フェンスドア製作のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

木製フェンスの中にドアを作る

フェンスで囲まれたテラス部分から、外へ直接降りるための出入り口が欲しいという事で、この度は、こちらの木製L字フェンスの一部分を切断して、出入りのためのドアを製作いたします。

下穴を開ける 小さなピースをビス留め

新しい木材を使用してドアを製作する事も出来ますが、今回は全体の質感を大切になさりたいという事で、現状のフェンス板を使用して、ドアを作ります。

古材は、色や形が場所によって異なるので、現状の配置のまま使用するために、先にドア補強枠を作り、開口予定部分に取り付けます。

フェンスをカットする 丸ノコでフェンスを切断する

ドア補強枠を取り付け終わったら、ドアを切り出します。

フェンスドアの縁を切る ドア部分を取り外す

丸ノコが届かない箇所を、最後に手鋸で切断して、完全にフェンスとドアの縁を切ります。

フェンスドア部分の加工

切り出したドアに筋交いをいれ、面を取って歪みを微調整します。

フェンスドアを丁番で固定 フェンスドアにラッチを取り付ける

フェンス側も、切断面を綺麗にしたり框を取り付けたりして、ドア枠を整えます。

ドアはステンレスの平丁番で吊り、先端にはラッチを取り付けます。

フェンスドアの塗装

ドアを取り付けたら、全体の塗装です。

タワシやブラシを使って、汚れや剥がれかけの塗膜をはがしてから、再塗装していきます。

上部鍵を付ける フェンスドアに鍵を付ける

ドア錠は、上部と下部の2箇所です。

内側からも外側からもアプローチ出来るように、一つ目の錠は桟の上に設置し、2つ目の錠は鍵がかけられるように、ドアの内側下に設置させていただきました。

フェンスドアの動作確認

最後に動作確認、建て付け微調整いたしまして、作業完了です。

フェンスにドアを作る-便利屋奈良 フェンスを切ってドアを作る-便利屋奈良

フェンスの外観を崩すことなく、出入り口のドアが付きました。

リメイクや修理の作業は、段取りや手順がとても重要です。

今回の作業も、(A.フェンス板を取り外してカット→ドア製作)よりも(B.ドア枠を作って取り付ける→ドアを切り出す)の方を選択する事によって、効率が2倍はよくなったと思います。

目的が同じでも、そこへ至る道は無数に存在します。

いつも最善の方法を選べるわけではありませんが、精度と効率を高められるよう、その時の状況でベストを尽くせるよう、努力していけたらと思います。

大工仕事、修理やリメイクのご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。