物置の収納棚製作

棚製作のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

物置内の壁面に収納棚を作る

この度は物置として使われているお部屋に、重いものも置ける棚板が欲しいという事で、奈良市青野の方へお伺いさせていただきました。

こちらのお部屋、手作りみその倉庫として使用されているようで、真ん中には漬物石や大きな味噌樽を動かすための、チェーンブロックが設置されています。

棚のご注文は、奥に3段と横に長い1段。

まずは棚板を載せるための横サンを、柱にビス留めしていきます。

棚板を載せるための横サン サンを渡して棚板を載せる

柱間に取り付けた貫(横サン)の上に、棚板を渡します。

小分けにした味噌の樽や壺などを置かれるという事で、重量に耐えうるように、今回は足場板を使用いたしました。

棚板をカットする

足場板とは、節有りの杉の一枚板で、呼んで字のごとく足場として使用される板です。

木材のグレードとしては低くて安価ですが、足場に使えるぐらいですので強度はあります。

倉庫内の棚で、あまり目に付かない箇所ということと、重い物が載るという状況に、まさにぴったりの材料です。

角を壁面に合わせてカット ぴったりと嵌る

角の加工。

鑿で棚板の角を加工する

鑿(のみ)を使って角を欠きます。

大工仕事に欠かせないのが、この鑿です。

鋸(のこぎり)と鑿(のみ)とがあれば、大概の加工が出来ます。

原始的な道具ですが、使い方と木の性質を知っていれば、とても便利に効率的に木材を加工する事が出来ます。

便利で高価な電気工具はたくさんありますが、特に現場合わせな作り物には、鑿や手鋸といった手道具が必需品です。

棚板上のものが落ちないようにするストッパー

転落防止のストッパーを取り付けます。

大きなものや重い物やを載せる予定ですので、もしものときのための備えです。

倉庫内の壁面に収納棚製作 物置収納棚の製作-便利屋-奈良

最後に横向きの長棚を取り付けまして、作業完了です。

収納が足りない、デッドスペースの有効利用等、オーダー製作のご相談いただいております。

機能、デザイン、ご予算等、ご要望にお応えいたします。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

関連のある記事