引き戸枠に合わせて、夏障子の幅を切り詰める

夏障子のリサイズのご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

夏障子の切り詰め加工

お掃除片付け中に出てきた、長い間使っていなかった夏障子。

良い作りのものなので、サイズを調整して他の部屋に使いたいという事で、この度ご相談を頂いました。

20枚弱ある夏障子の中から、使用出来そうな揃ったものを見繕い、加工させていただきました。

リサイズする夏障子は、使用箇所の2枚引違い戸の寸法よりも若干幅が狭いため、2枚はそのまま使用して、残りのたりない分は、小さな夏障子を作ります。

夏障子のをばらして切り詰める

先ずはばらし。

状態は良い方ですが、古いものですので、あて木とゴムハンマーを使って、慎重に解体していきます。

夏障子の上框を短く作り直す 夏障子各框の仕口

上桟と下桟を、それぞれ切り詰めていきます。

組み上がり寸法から逆算して、ホゾを新たに切り直します。

45度面が付いている箇所は、相手の立桟とピッタリ付くように、斜めに加工します。

夏障子の簾を切り詰める 夏障子のホゾを短く作り直す

簾部分を切り詰めます。

簾はすべて紐で括ってあるので、切った端を結び直し、ばらけてこないように接着剤で補強しておきます。

中桟のホゾは、簾より少し奥に来るので、簾を切らないように気を付けながら加工します。

夏障子のリサイズ-組み直し

組み直し。

初めに全てのホゾが入る事を確認し、ホゾ穴と胴付きに木工ボンドを付けます。

中桟の数が多いので、少しずつ様子を見ながら組み立てていきます。

組み上がったら歪みを調整して、ハタガネで締めてボンドが乾くまで固定しておきます。

切り詰めた後の夏障子 夏障子のリサイズ-便利屋奈良

最後に建て付けを調整いたしまして、施工完了です。

幅25cmの、かわいい夏障子が出来上がりました。

3枚とも同じ素材を使ってのリサイズですので、違和感が全くありません。

お気に入りのドア・思い入れのある引き戸など、建具のリサイズやリメイクのご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は、便利屋助作のご利用ありがとうございました。

 〇関連のある記事