折れ戸ピボット交換

折れ戸の修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

クローゼットの折れ戸

この度は、クローゼット折れ戸の部品がレールから外れてしまい、ドアの開閉が困難になったという事で、先端部分のピボットという部品を交換させていただきました。

折れ戸のピボット交換-便利屋奈良 ピボット先端部分の破損

折れ戸を外しピボットを確認します。

ピボットの先端についている、プラスチックのコマがありません。

どうやら破損してどこかへ行ってしまった模様です。

新しいピボット

壊れたピボットを取り外し、新しいものと交換いたします。

折れ戸吊元の調整 上部ピボット取り付け

交換が済んで、建具をレールに戻します。

吊元の金具から先に固定し、先端部分をレールにセットします。

折れ戸がレールに入ったら、左右のクリアランスのバランスを見ながら、建て付けを調整していきます。

折れ戸の修理完了

最後に動作確認をいたしまして作業完了です。

折れ戸は開いたときのデットスペースが小さいというメリットがありますが、可動部分が多いので、故障やトラブルも多いと言えます。

折れ戸や引き戸といったレールに沿って可動する機構は、レール上のゴミなどが部品の破損に繋がる場合があるので、こまめに掃除する事が大切です。

建具を長持ちさせるためには、少しの不具合を感じたら、お早めに対処されることをお勧めいたします。

折れ戸や引き戸、建具の修理のご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

この度はありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事