レンガ花壇の製作

円形レンガ花壇

ガーデニング花壇製作のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

ガーデニングレンガの花壇を作る-便利屋奈良

この度は、直径80cmの大鉢に植えてある桑の木のために、円形のレンガ花壇が欲しいというお話をいただき、奈良市三碓の方へお伺いさせていただきました。

<製作>

先ずは場所決めをして、施工位置を綺麗に掃除し、レンガの準備をします。

レンガは水分を急激に吸収するので、モルタルの割れの原因になります。

それを防ぐために、予めレンガを水につけて水分を含んだ状態にしておきます。

色セメントをこねる

レンガの準備が出来たら、モルタルを練ります。

今回は普通のモルタルではなく、レンガの雰囲気に合わせて色付きのモルタルを使用いたしました。

攪拌機を使い、混ぜ残しが無いよう満遍なくモルタルを練っていきます。

レンガの花壇の排水 レンガの花壇に暗渠を設置する

一段目は毛引きで描いた円に沿って、並べていきます。

こちらのガーデニングスペースはコンクリート床ですので、排水のための暗渠を設置いたします。

床の勾配を見極め、水が低いところに流れ出るように、暗渠を設置します。

レンガの花壇の目地押さえ

2段目、3段目と、レンガを積んでいきます。

大小様々な形のレンガを、バランスよく配置していきます。

目地は目地鏝を使って押さえていきます。

途中モルタルが乾いて押さえにくい場所がある場合は、霧吹きを使って湿らせてから押さえると、新旧のモルタルがなじみやすくなります。

ガーデニングレンガの花壇製作-便利屋奈良

レンガを積み終わり、乾くまで日を置きます。

レンガの花壇に土を入れる ガーデニングレンガの花壇を作る-便利屋奈良

モルタルが乾いたら、桑の木の移植です。

植木の正面を決め、バランスを見ながら根を花壇に据えます。

植木の植え替えの際は、均等に根切りしてから移すと、根の付きが良いとされます。

大鉢の移植は、土が沢山要ります。

土中に空洞があると、根を弱らせる原因になりますので、花壇の奥までしっかり土が入るように、水を入れながらスコップで何度も突きます。

最後に上からしっかりと土を叩き締め、作業完了です。

お庭周り、ガーデニングのご相談いただいております。

花壇や竹垣の製作、剪定や移植、草むしりやお掃除も承っております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。