アングル丁番の交換 建具修理

食器棚の扉修理

この度は食器棚の扉が開閉時が引っかかるという事で、修理依頼いただき、生駒市へお伺いさせていただきました。

ありがとうございました。

便利屋-奈良-アングル丁番

扉を見させていただいたところ、丁番が劣化し、変形したり
分解したりしておりましたので、交換させていただく事となりました。

この丁番はアングル丁番という種類なのですが、最近はスライド丁番
という種類の丁番が主流になっており、アングル丁番の方は
あまり使われなくなっています。

そのため流通量も減り、昔生産されていたサイズが廃盤になるなど、
思ったものが手に入りにくい状況です。

repair door 5

この度も、全く同じサイズのものを用意することができませんでした。

写真上の丁番と、下の丁番とで、厚みが1.0mmほど違います。

扉とは繊細な機構で、この微妙な厚みの差で、きちんと稼働してくれません。

厚さ1.0mmのスペーサーを作り、この厚みの差を埋めます。

便利屋-生駒-扉-修理 repair door 1

ビス穴を少しずらしながらアングル丁番を留めていきます。

repair door 2

個人的には私、物に愛着が沸きやすいようで、何年も同じ物を使用しているという事が
多々あります。

直して使えるならば、そうしたいというお気持ち。
その気持ちはすごく良く分かりますので、そのお助けが出来ることをとても嬉しく思います。^^

何かと便利な時代になりましたが、物を直して使うという行為は、いつまでも大切にしていきたいと思います。

ドア、引き戸等、建具のトラブルのご相談いただいております。

お気軽にお問い合わせください。

この度はありがとうございました。

 〇関連のある記事