木製網戸張り替え

網戸の張り替え

奈良市藤の木台にて木製の網戸の張り替え作業をさせていただきました。

ありがとうございました。

網を剥す 木製の建具

まずはケレンを使って網をおさえている木サンを外し、古い網を取り外していきます。

網戸本体を傷付け無いように気を付けながら、慎重に網を取り除きます。

タッカーをペンチで抜く

中サンの裏は、タッカーで又釘を打ってあったので、こちらもすべてペンチで抜いていきます。

網を留めるために結構な数の又釘が打ち込んであり、また網戸にしっかりした松材を使っているので、硬くてなかなか抜けないものもあり、この作業が実は一番手こずりました。^^;

ビスでサンを留める 押さえのサンの留め加工

古い網を取り外したら、新しく製作した木のサンで網を固定していきます。

アミがたわまないよう、アミの目を見ながらしっかり留めていきます。

サンの下穴に先にビスを差し込む

私の場合、こうやって木サンの穴に先にビスを入れておくと、アミを留めるときにスムーズに作業が進みます。

ビスが斜めになっているのは、サンを建具に留めやすいように、下穴を開けるときわざと勾配を付けて開けているからです。

はみ出た網をカッターで切る

最後に、はみ出した網をカッターで切り揃えて張り替え完了です。

木製網戸のあみ交換-便利屋奈良 幅広の網戸

しっかりした木材を使いしっかりと作られた建具は、年数が経ってもさらに趣をまして、「まだまだ現役です」という顔をしております。^^

日々のお掃除や再塗装など、メンテナンスをしっかりされていると、木製品はさらに長持ちさせることが出来ます。

木の風合い、やはりいいですね。^^

木製網戸の製作もご相談いただいております。

どうぞお気軽にご相談ください。

この度は便利屋助作のご利用ありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事