長椅子の再塗装

剥離サンディング⇒再塗装

長椅子の再塗装のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

長椅子の塗装剥離

塗装してから随分と年月の経った黒い長椅子を、木目の見えるようにしてほしいというお話をいただきまして、塗装剥離後、再塗装させていただきました。

下写真が、元の色と再塗装後の色の違いです。

元の色 長椅子の再塗装

初めはただひたすらにサンドペーパーでサンディングです。

塗装後が残る 塗装後の筋

研磨後の座面の拡大写真です。

木に割れがある場合、木目の奥に入ってしまった塗料は、黒い筋としてどうしても残ってしまいます。

表面の可能なところまでサンダーを使って削り落とし、細かいところは手作業で磨いていきます。

サンドペーパーは80番からスタートし、徐々に番手を大きくしていき、最後は320番で仕上げます。

塗装後のサンディング

塗装後の仕上げのサンディングです。

ここまでくると艶も出てきて、木目も良い風合いになってきました。

こちらの長椅子は玄関先の半外に置かれるというでしたので、この度はワトコオイルの外用ティンバーガードで塗装させていただきました。

家具の再塗装-便利屋奈良

本来は、1枚板で作られている背もたれ部分の木目が見所だったはずです。

剥離再塗装前の黒色では、確かにこの木目は見えずらく、折角の見せ所が活かされてなかった事になります。

こうやって写真で見直してみて、改めてお施主様の意図を確認させていただきました。

手間はかかりましたが、喜んでいただけたようでほっとしております。

この度はありがとうございました。

 〇関連のある記事