ダイニングテーブル足修理

ダイニングテーブルの修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

この度は、ダイニングテーブルの足が取れかかってぐらつくので、修理してほしいというお話をいただき、香芝市の方へお伺いさせていただきました。

ダイニングテーブルの足だけ取り外す ホゾが抜けかかっている

長年使用されたダイニングテーブルの足です。

円柱の中心軸から、左右の足部分が外れかかっております。

ホゾを抜く すべてのパーツをばらす

横渡し木と各左右の足を、ゴムハンマーを使って慎重に外していきます。

力を入れすぎると、各部材の割れや欠けに繋がるので、様子を見ながらゆっくりと行います。

番号を書く 胴付きをきれいにする

取り外した部材には、番号を振ります。

一見同じように見える各仕口ですが、やはり長年収まってきた相方同士で、微妙な癖が出来ております。

したがって、ここをごっちゃにしてしまいますと、かなりの確率でズレや歪みが出てきます。

取り外した部材は、接着面を平らに綺麗にして、再組み立てに備えます。

ボンドを塗る ホゾ穴にボンドを塗る

組み立て直し。

ホゾとホゾ穴に、たっぷりと木工用ボンドを塗ります。

特に、ホゾ側の胴付きと呼ばれる相手との接地面は、強度を保つための重要な役割を果たしますので、塗りもれのないようしっかりとボンドを塗ります。

ダイニングテーブル足を組んで固定する

帯バンドで固定し、1日ボンドが乾くまで置きます。

ダイニングテーブル足修理-便利屋奈良 アジャスターボルトを付ける

ボンドが乾いたら、補強を施します。

補強は、斜め下からビスでの左右足ホゾの固定と、円柱軸へのアジャスターボルトの取り付けです。

アジャスターボルトでテーブル足の中心を支える アジャスターボルト横から

アジャスターボルトを取り付けることによって、今まで4点で支えていた荷重を、6点に分散し、足の付け根のホゾ組み込み部分への負荷を和らげます。

ダイニングテーブル天板に足を取り付ける ダイニングテーブル足の修理完了

ダイニングテーブルの天板と修理した足をジョイントし、アジャスターボルトの高さを調節して、修理設置完了です。

思い入れのある家具、大きなものから小さな小物まで、修理のご相談いただいております。

お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

この度は、便利屋助作のご利用ありがとうございました。