ドアハンドルの故障

開かなくなったドアの修理

ラッチボルト破損による開閉不可のドアの修理のご依頼をいただきました。

ありがとうございました。

開かないドアの修理

ドアが閉まったまま開かなくなってしまい、ご自身で色々試されてダメだったという事で、修理に奈良市富雄の方へお伺いさせていただきました。

ラッチボルトが金属劣化により切れて飛び出し、ラッチ受けの中で詰まってしまって、ドアが開かないという状況です。

グラインダーでラッチを切断 ラッチボルトの故障

ドア本体を傷付けないよう気を付けながら、ディスクグラインダーでラッチボルト先端部分を切断していきます。

このタイプのラッチケースは、経年劣化と先端部分に負荷がかかる事によって、ラッチボルト支柱が折れてしまうケースがあるようで、ドアを開けた時にポロッと取れてくる事もあれば、この度のようにラッチ受けに挟まってドアが開かなくなる場合もございます。

新しいラッチケースを取り付ける 開かないドアの修理-便利屋奈良

新しいラッチケースの取り付けです。

同仕様ですが、川口技研のラッチケースに変更交換させていただきました。

お施主様お気に入りの、アンティーク調のドアハンドルを取り付け直します。

ドアハンドル取り付け

最後に動作確認をいたしまして作業完了となります。

この度のお部屋は他の出入り口もございましたが、出入り口の1つしかないお部屋で今回のようなケースになった場合、お部屋に閉じ込められてしまう事も考えられますので、ドアハンドルの不調を感じましたらお早目の点検交換が大切です。

普段何気なく使用しているドアや引き戸ですが、いざ故障してしまったときにその重要性が分かります。

快適な居住空間には、やはり快適に可動する建具が必要不可欠なのではないかと私は感じます。

建具のトラブルや修理、製作のご相談も承っております。

便利屋助作は、無料でお見積りをさせていただいておりますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

この度はありがとうございました。

⇒ 建具の修理について

 〇関連のある記事